headband

子供ができない夫婦 離婚率

HOME >> 子供ができない夫婦って離婚率が高いの?|赤ちゃんがほしい

子供ができない夫婦って離婚率が高いの?


ここでは、子供ができない夫婦って離婚率が高いのかについて書いています。

結論からいうと、子供ができない夫婦の場合、どうしても離婚率が高くなってしまうようです。

結婚して3年目で子供がいない場合、60%以上が離婚しているという説もあるくらいです。

夫婦のどちらかがどうしても子供がほしいと思っていたら、子供ができないことが離婚の理由になってしまうでしょう。

また、不妊治療を受けるとストレスがたまりやすいので、夫婦仲に亀裂が入ってしまうこともよくあります。

子供づくりに対する温度差が価値観の違いとなって、離婚まで発展することも少なくありません。

例えば、女性ががんばって不妊治療を続けているのに、男性の方は不妊検査すら受けてくれないというのもよくある話です。



子供ができない時は離婚した方がいい?


こちらでご紹介しているように、妊娠しやすい体作りをすることで、子供ができることもあります。

でも、もし、やれる限りのことをしても子供ができない時は離婚した方がいいのでしょうか?

あえて子供を持たない選択をする夫婦も増えていますし、子供ができないからといって離婚する夫婦ばかりではありません。

ただ、どちらかがどうしても子供がほしいのなら、離婚するしかないです。

相手が変われば子供ができる可能性がありますし、何よりも子供を持つことを最優先するなら、離婚するのも一つの選択でしょう。

そうはいっても、離婚した後、次の結婚相手がみつかるとは限りません。

また、結婚相手がみつかったとして、その相手となら子供ができるという保証もないのです。

絶対に子供がほしくて離婚し、妥協して再婚したけれど、やっぱり子供ができなくて、離婚したことを後悔する人もいます。

子供を持つことだけにこだわらず、自分にとって何が本当の幸せなのか、よく考えた方がいいかもしれません。

当サイトの人気記事

 1番人気! 子供ができない原因や理由について詳しく調べてみました

pagetop

子供ができない理由や原因

子供ができない時の対策法

子供ができないことについて

子供ができないお話

子供ができない時の治療法

妊活、不妊コラム

子供ができない原因