headband

虐待の連鎖を予防するため、地域で子育てを

HOME >> 虐待の連鎖を予防するため、地域で子育てを

虐待の連鎖を予防するため、地域で子育てを


虐待の連鎖を予防するため、地域で子育てを

核家族が増えていく現代で、核家族という大変小さなコミュニティの中だけでの生活は、大家族よりも虐待が生まれやすいと思います。

私自身、自分の母親などと一緒にいると、より子供にやさしくできます。

見られているし、いい母親を演じたくなります。

そして、その時いい母親をできた自分に、また自信が持てるのです。

母親業というのは、だれにもほめられず認められないこともよくあります。

そうなると、母親自身が精神的に満たされない状態となり、子供に対して十分な愛情をもって接することができなくなるのです。

私自身、経験がありますが、「いい母親してるね、いい子に育ってるね」と言われるだけで、泣きそうになる時があります。

核家族であることがしかたないなら、地域全体で子育てをし、母親をいい意味で監視するようしていかなければいけないと思います。

そうなるためには、自治体でもっとこまかく子育てイベントなどを実施し、また定期的に保健師が訪問するなどが必要だと思います。

虐待は、その親子だけの問題ではないと思います。


当サイトの人気記事

 1番人気! 子供ができない原因や理由について詳しく調べてみました

Take2の深沢邦之さんとの結婚が話題になった女優の田中美佐子さんも長期間不妊治療を行い、43歳で出産、プロレスラーの高田延彦と結婚した向井亜紀さんは代理母出産により双子を授かる、タレントの坂上みきさんは卵子提供を受けて53歳で出産、元グラビアイドルのインリンオブジョイトイさんも不妊治療を行い、三人のお子さんに恵まれる、作家の林真理子さんも不妊治療を行い、体外受精により44歳で妊娠・出産、

pagetop

子供ができない理由や原因

子供ができない時の対策法

子供ができないことについて

子供ができないお話

子供ができない時の治療法

妊活、不妊コラム

子供ができない原因